覚えておきたい!毛皮の種類とその特徴

基本的な毛の種類について

毛皮は言うまでもなく毛と皮から構成されています。しかし毛の中にも部位によってそれぞれ呼び名があり、果たす役割も異なることをご存知でしょうか。例えば毛には大きくわけて刺毛と綿毛があります。 刺毛については上毛などと呼ばれることもあることからわかるように、毛の上側にかぶさる部分のことを指します。 一方で綿毛は産毛とも言われることからわかるように、より毛皮に近い上毛の下に隠れている小さい毛のことを指します。 刺毛は外部の刺激から実を守るための役割を果たしており、例えば防水や耐衝撃性などを持ちます。太くて丈夫なので、色艶があり美しい模様を作るのが特徴です。一方で綿毛は、体内の湿度や体温を調整する役割を果たしています。

基本的な毛皮の種類について

日本でもっとも人気があるのはシルバーフォックスと呼ばれるものでしょう。お値段も手頃で、とても暖かいので幅広い層に人気がある毛皮です。狐の毛皮はその他にもブルーフォックスやレッドフォックスなど、色合いも多様です。 逆に最も効果なのはセーブルと呼ばれる毛皮で、イタチ科の動物からとる毛皮です。イタチの捕獲は困難かつ希少なので、非常な高値が付きます。特にロシア産のセーブルは非常な高級品で品数も少ないので、所有者は非常に少ないと言われています。ちなみに日本ではセーブルのことを「黒貂」などとも呼んでいます。 その他の高級品ではうさぎの毛皮なども非常に効果です。特にレッドラビットという毛皮は読んで字のごとくうさぎの毛で赤みがかった毛皮ですが、その色彩の鮮やかさと希少さから非常な高値が付きます。